リフレッシュ工法とは

「リフレッシュ工法」(復元美装)は、経年劣化によりチョーキング(白っぽく粉をふいたような状態)したり汚れたりしている素材を独自開発の洗剤、コーティング剤を使用することにより吸水防止層を形成し新築に近い状態に復元するものです。

「リフレッシュ工法」は塗装によって劣化部分を隠すというものとはちがい、独自の洗浄技術によって汚れを取り除き乾燥後にガラス成分等を浸透させることによって見た目も物的性質も共に素材の風合いを変えずに復元するものです。
「リフレッシュ工法」により経年劣化を約10年遅らせることができ新築時に近い美観を保つことが期待できます。

 

①ボード・タイル・石材などの汚れは、素材に土、ゴミ、カビ、コケ等が付着したり素材が劣化したもの。

zu1

yajirusi

②特殊洗浄剤で汚れを浮かせて取り去る。

zu2

yajirusi

③素材がきれいになり、本来の素地が表れる。

zu3

 

yajirusi

④乾燥後にガラスコーティング剤を浸透させ、吸水防止層を形成する。

zu4

⑤上記コーティングをすることにより素材の色も復元します。

 

ナノテックシステム/ハードフロアメンテナンスのご案内

ドラッグストア、スーパーマーケット、商業施設、老人ホーム、病院などの各施設では床をいつも綺麗で清潔に保つ為にWAX塗布が一般的になっています。

 

ところが、WAXは多かれ少なかれ汚れを抱き込んでしまうため頻繁にWAXの剥離洗浄をしなければなりません。 それでWAXの機能と美観を維持するためには頻繁に剥離洗浄とWAXの再塗布を繰り返さなければなりません。 そのため手間とランニングコストがかかってしまいます。

 

一方、ナノテックシステムはWAXとは異なり耐久性が約数十倍ほどあることに加えて維持管理に剥離洗浄の必要が無いため、ランニングコストが大幅に節減できるだけでなく美観をハイレベルに維持することができるというものです。

事例1
施工前
施工前
洗浄後
洗浄後
施工後
施工後

特 徴

一言でいえばWAXの機能を持ったコーティング剤を使ったシステムです。

最初の塗布作業は一般のWAX作業の場合とほぼ同じですが、その後の管理が全く異なってきます。

2度目からはWAX剥離作業が全く不要となり、洗浄だけで維持管理が可能になります。

後日、表面の艶が落ちてきた場合には洗浄とコーティング(リコートという)だけで済むため、かかる手間暇が大幅に少なくなり、コストダウンが実現できます。

 

また日常清掃には提供する特殊洗剤『ナノテックCR』を使うことにより容易に美観を維持できます。

 

この『ナノテックCR』による清掃作業は素人でもできるものです。

施工前
施工前
施工後
施工後

維持管理

ナノテックCRを使って日常清掃を行います。(その場合原液を50倍から100倍程度に水で希釈したものを使います)。

それによって表面の汚れはほとんど取ることができます。

表面の艶が落ちてきた場合にはリコートを行いますが、WAXと比べると歩行頻度などの多少によって場所によっても異なりますが、約5〜20倍ほど長持ちしますのでランニングコストが大幅に節減となります。

施工前
施工前
洗浄後
洗浄後
コーティング後
コーティング後
サブコンテンツ

このページの先頭へ